職務経歴書をクリアしよう!フォーマットを使えば簡単!|Job In Pharmacy

書くのが億劫

職務経歴書って難しいですよね。書くのが億劫になってしまう人も多いのではないでしょうか。しかし、フォーマットを使ってちょっとしたコツをつかめば良いものが書けますよ!下記に挙げました職務経歴書の書き方のコツを参考にしてみてください。

職務経歴書でアピールできる言葉ランキング

no.1

前向きな言葉でアピール

職務経歴書では実績ももちろんですが、人柄を見るポイントでもあります。やはり一番重要視されるのは前向きな言葉ということが分かりました。不安は合っても希望にスポットを当てて考えるようにしましょう。

no.2

等身大の言葉で誠実な印象

自己アピールが慣れていない人にありがちな失敗として、自分をよく見せたいと思うばかりに誇張しすぎてしまう事があります。その文章を読んで質問されてもはっきり応えられるようにあまり誇張しすぎず等身大の自分を記入することが誠実な印象に繋がるという意見が多くありました。

no.3

言い切る勇気が採用に繋がる

自信がないことの場合はかもしれないなどの曖昧にした表現を使いたくなってしまいますよね。でも、それでは面接官の心象に残らない人になってしまいます。時には言い切る勇気を持つことが必要です。

うまくアピールしたい

JOB

職務履歴書とは求職者である本人が今までの人生でどのような仕事にかかわってきたのか。そして何をしてきたのかを分かりやすく示した書類のことです。主に企業へ仕事を求める際に自分をアピールするために使われるものです。ここで大切なのはどのようなスキルを持っているのかを証明することです。例えば過去の経歴に同じ業界で働いた経験があれば、新しい会社でも比較的短期間ですぐに働けることを示すことが出来ます。また同じ業界でなくても、自分の過去の経歴から、その業界で活かせる強みをアピールすることが出来ます。職務経歴書をきちんと書くことが出来れば、それだけで相手の人事担当者に大きくアピールすることが出来ますので、フォーマットを確認してうまく書く工夫をすることをお勧めします。

読み手のことを考える

面接

職務経歴書は特定のフォーマットが決まっているわけではありませんので、相手側から見て、読みやすいと思われるフォーマットを採用するようにしましょう。例えば、見出しやレイアウトの工夫です。ひたすら長い文章を羅列しても、読み手からすれば、とても読みにくい文章で疲れてしまいます。そうではなく、必要となる箇所をしっかりと要点としてまとめてきて相手側に伝わりやすい形式でまとめていくようにしましょう。そうすれば読み手の気持ちも上がり、こちらの意欲が伝わりやすくなります。

自分の都合に合わせる

JOB

職務経歴書を書く際には自分を上手くアピールしやすいフォーマットを探すことをお勧めします。フォーマットにも様々なものがあり、年月を中心に書くものもあれば、特定の職業に関する経歴を主にまとめていくものもあります。いくつかアピールしたいことがあれば、年月を使って、この仕事をどのくらい行ったと書くのが良いでしょう。また何か集中的にアピールするポイントがあるのであれば、人生の職歴の中でも特定のものを大きく書いたほうが得になりますので都合に合わせて使い分けましょう。